これからDJを始めたい人へ

DJが何をしているのかは理解していただけたでしょうか?

 

ここではこれからDJを始めたい人へ向けて説明していきます。

 

DJというとアナログレコードを使っているイメージが有るかもしれませんが、

最近ではCDを使えるCDJというDJ用のプレイヤーや

PCDJというパソコン内のデータを使えるPCDJというDJ用の機材があります。

 

 

 

 

 

それぞれのメリット・デメリット

 

アナログDJのメリット

まず直感的に操作できること、レコードの独特のあたたかい音が魅力的なことです。

 

デメリットとしてはレコードは大きいため場所を取ること、重いため持ち運びが大変なこと、レコードでは手に入らない音源が有ることです。

 

 

 

CDJのメリット

CDを使える点に有ります。これまで聴いてきたCDをそのまま使えます。

 

デメリットとしてはCDJは基本的に高価な点です。

安いものも有りますが、スクラッチ機能が無かったりします。

価格によって機能の差が大きいです。

また様々な機種が有るので、仮にクラブで回すことになっても、自分の持っている機材と違う事が多いです。

 

 

PCDJのメリット

データさえあればどんな音楽でも使えるという事です。データなので何千曲も持ち歩く事が可能です。

 

デメリットとしてはパソコンの性能に左右される事です。

パソコンがフリーズしたら音が止まってしまいます。

 

 

 

それぞれメリット・デメリットが有るのですが、

やはりアナログレコードでのDJが基本だと思います。

ヒップホップが誕生した当時もアナログレコードによるDJでしたからね。

 

ここではアナログレコードでDJを始めるという事で説明させていただきます。

 

 

 

必要な機材

 

自宅でDJを始めるにはターンテーブル2台とミキサー1台とヘッドフォン、スピーカーが必要となります。

 

スピーカーを買わなくても家にあるオーディオコンポにAUX INと書いてある穴が有ればそれで大丈夫です!!

 

 

 

ターンテーブル選び
 
まずターンテーブルは2種類有ります。
 
ベルトドライブとダイレクトドライブです。
 
外見上はあまり違いはありませんが性能がまるで違います。
 
ベルトドライブはダイレクトドライブに比べ価格は安いですが、
レコードの立ち上がりが遅く、DJプレイには不向きです。
 
ただレコードを聴くだけなら問題はありません。
 
DJをするなら絶対にダイレクトドライブがオススメです!!
 

 

 

オススメの機種 

Technics SL-1200シリーズ

 

これは定番中の定番です。

クラブでの使用率も高い1台。

 

しかし、現在は生産終了しているので新品は手に入りづらい可能性があります。。。

 

 

Vestax PDX-2000,3000シリーズ

 

こちらも人気のあるシリーズ。

多機能な一台。

 

 

とりあえず、この二台のどちらかなら間違いないです。

 

注意としては二台買う場合は同じ機種で揃えた方が良いという点と

ターンテーブル一台だけではレコードは聴けないという点。

 

レコードを聴くにはターンテーブルとフォノイコライザミキサーが必要です。

 

ターンテーブルとオーディオコンポを直接繋いでもノイズ混じりの小さな音しか出ません。これは信号の違いが理由です。

 

それを増幅させるのがフォノイコライザミキサーというわけです。

 

ターンテーブルはランクにもよりますが大体1台5万円前後です。

 

そしてターンテーブルにはレコード針が必要になります。

 

レコード針はカートリッジという交換針を装着する部分と交換針から成ります。

 

実はレコード針は5000円ほどします。

意外と高いですよね〜

 

レコード針ではSHUREというブランドの針がシェアが高いです。

また、レコード針は消耗品であるという事を覚えておいてください!

 

 

 

DJ用ミキサー選び

 

ミキサーはターンテーブルとターンテーブルの間に置き、音の切り替えや調整をする機械です。ターンテーブルは買い替える事はなかなか無いですが、ミキサーはグレードアップさせていく事も視野に入れて購入するのも良いでしょう。

 

 

 

オススメ機種

Vestax PMC-05Prolll

 

ヒップホップ・スクラッチDJの定番ミキサー。

ヒップホップDJには1番人気と言っても過言ではないこのシリーズ。

スクラッチを極めたい人にオススメです。

ずっと使い続けられるミキサーだと思います。

価格は4〜5万円ほど。

 

 

Vestax VMC-002XLu

 

こちらは2万円ほどのリーズナブルでシンプルなミキサー。ミキサーには基本的にイコライザーという高音・中音・低音を上げたり下げたり調節が出来る機能が付いていますが、このミキサーはそれより強力なアイソレーターという高音・中音・低音を完全に消す事が出来る機能が付いています。

またUSBポートが有るのでDJプレイをパソコンに録音したりする事も可能です。凄まじいコストパフォーマンスです。

 

ヘッドフォン選び
 
DJをするにあたってヘッドフォンも必須アイテムです。
 
DJ用のヘッドフォンの特徴
・遮音性に優れている。
→大音量の中でのモニターが可能。
 
・ハウジング(耳に当てる部分)が回転する。
→片耳にあててモニタリングが可能。
 
・重低音が強調されている。
→リズムが聴き取りやすい。
 
・側圧性が強くきつい。
→普通に装着し音楽をしばらく聴いていると耳の周りが痛いです。(泣)
 
ヘッドフォンは自分の予算に有ったものを買って、必要に応じて高いものを買ったりすれば良いと思います。
 
 
 

少しでも役に立ちましたら''いいね!''をお願いします!!

楽天市場
スポンサードリンク