LL COOL J(エルエル クール ジェイ)

 
  
本名
 
James Todd Smith(ジェイムズ トッド スミス)
 
 
生年月日
 
1968年1月14日生まれ。
 
 
MCネームの由来
 
LL COOL Jは「Ladies Loves Cool James」の略。
訳すと、「女性たちはクールなジェイムズが大好き」という意味。
 
 
 
出身
 
ニューヨーク州ウエストチェスター。
 
 
 
身長
 
187cm。
マッチョが多いヒップホップ界でも凄まじい筋肉を持つ事で有名。
自宅に侵入した泥棒を返り討ちにしたというエピソードもある。。。笑
 
 
両親の離婚など恵まれない家庭環境の中で育つ。
9歳でラップに目覚め、1984年にシングル「I Need A Beat」でスタートしたばかりのDef Jamからデビュー。
このとき、なんと16歳。
10代にしてRUN DMCとラップバトルを繰り広げた伝説を持つ。
デビュー当時はアイドル的な存在としてティーンの女子にも支持を得た。
初のラップのバラード曲とされる「I Need Love」をリリース。
ルックスや肉体美以外にもこうのようなバラード楽曲の存在も彼が女性から支持を受ける理由であろう。
しかしその反面、アイドルラッパーと称されたブーイングやディスの対象になることも少なくなかった。
(やはりモテる男は男に嫌われるのだろう。。。)
また3rdアルバム「Walking With Panther」は商業的には成功を収めたが、シーンでは不評だった。
 
ついには「奴はもう終わった」とまで言う人も出てきた。
 
そんなLL COO Jだったが
祖母からの「奴らを打ち負かしてやりなさい」という激励の言葉をきっかけに「Mama Says Knock You Out」をリリース。
 
この曲でLLは完全復活を遂げ、シーンからの信頼も回復していった。
それからは現在に至るまで今なおシーンの中心に君臨する偉大なラッパーの1人、まさにヒップホップ史の生き証人である。
 
LL COOL Jの音楽性の変遷はイーストコーストのメインストリームヒップホップの歴史とまで言われる。
 
 
 
俳優としての活動
 
さらにラッパーだけではなく俳優としても活躍し、これまでに映画「S.W.A.T.」や「チャーリーズ・エンジェル」などに出演している。
 
 
 

スポンサードリンク

シェアボタン

少しでも役に立ちましたら''いいね!''をお願いします!!

楽天市場
スポンサードリンク