DR. DRE(ドクター・ドレー)

 
 
 
本名
 
Andre Romel Young(アンドレ ロメル ヤング)
 
 
 
MCネームの由来
 
恐らく本名のAndreからDreをとったとされる。
 
 
 
生年月日
 
1965年2月18日
 
 
 
出身地
 
カルフォルニア州コンプトン
 
 
 
身長
 
185.4cm
 
 
 
若き日のDr.DreはWorld Class Wreckin’ cru(ワールド クラス レッキン クルー)というエレクトログループのプロデューサーとして活動をしていた。
作品をいくつかリリースしたがDr.Dreは離脱。
 
その後、World Class Wreckin’ cruのメンバーであるDJ Yellaと共にN.W.A.に初期メンバーとして参加。
N.W.A.はギャングスタ・ラップというスタイルを確立し、やがてコンプトンを象徴するグループにまでなった。
N.W.A.のメンバーはEazy-E,Dr.Dre,Ice Cube,Arabian Prince,MC Ren,DJ Yella。
(ちなみに本当にギャングだったのはEazy-Eだけだったとされる。
Ice Cubeに関しては中退ではあるがフェニックス工科大学まで行っている。)
当時、N.W.Aの暴力的な歌詞はコンプトンの若者を刺激し、社会問題となった。
 
メンバーのEazy-Eによる売上金の着服疑惑が浮上し、メンバー同士の確執が生まれた。
それが直接の引き金になったかは定かではないが、
1998年にはArabian Princeが、翌年1999年にはIce Cubeがグループを脱退する。
Dr.Dreも1991年に脱退し、N.W.A.は消滅する。
 
その後Dr.DreはSuge KnightとともにDeath Row Records(デス ロウ レコーズ)を設立する。
 
1992年には初のソロ・シングル「Deep Cover(AKA 187)」をリリース」。
また同年にソロ初となるアルバム「THE CHRONIC」をリリース。
西海岸だけでなくヒップホップシーン全体に革命をもたらし、史上最も売れたヒップホップアルバムの一つに数えられる。
スローなビートにシンセのサウンドをのせた所謂Gファンクというヒップホップの中のサブジャンルを確立した。
 
1993年には「THE CHRONIC」に参加し活躍した弟分、Snoop Doggy Doggのデビューアルバム「Doggystyle」をプロデュースし大ヒットに導く。
 
1996年にはDeath Row Recordsを象徴するラッパー2pacの「California Love」をプロデュース。大ヒットへ導く。
しかし同年2pacは4発の銃弾を浴び、死亡。同じ頃Suge Knightも脅迫罪に問われ逮捕される。
Death Row Recordsが危機的状況になったことを受けDreはレーベルから脱退する。
その後、自身で「Aftermath  Entertainment」(アフターマス エンターテイメント)を設立した。
 
1999年には自身の7年越しの2ndアルバム「2001」をリリースした。
 
2000年には1700万枚以上の売り上げを記録したEMINEMの2ndアルバム「The Marshall Mathers LP」と
自身の2ndアルバム「2001」のプロデュースの功績が評価され、グラミー賞のプロデューサー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。
 
2003年にはヒット曲「In Da Club」を収録した50CENTのメジャーデビューアルバム「Get Rich or Die Tryin’」をEMINEMとObie Triceと共にプロデュースしヒットさせる。
 
2010年にはKUSH feat. Snoop Dog&Akonを発表されたが、Dr.Dre最後のアルバムと噂される「Detox」は未だに発売されていない、、、
 
ヒップホップ史上最高のプロデューサーと呼ばれる。
 
異常なまでの完璧主義で有名。(アルバム「Detox」がなかなか発売されないのも、この完璧主義が原因か?)
 
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」の1人に選ばれた。
 
 
 
Warren Gとの関係
 
Gファンクをリラックスした雰囲気にして世に出したラッパーWarren Gとは異母兄弟である。
Dr.Dreが兄、Warren Gは弟である。
 
 
 

スポンサードリンク

シェアボタン

少しでも役に立ちましたら''いいね!''をお願いします!!

楽天市場
スポンサードリンク