DABO(ダボ)

[NITRO MICROPHONE UNDERGROUND]

 

 
本名
 
芦田大介(あしだ だいすけ)
 
 
 
MCネームの由来
 
家族からの呼称である「ダイ坊」を縮め、「ダボ」とした。
 
 
 
生年月日
 
1975年1月6日生まれ
 
 
 
出身地
 
千葉県
 
 
 
身長
 
170cm前半か
 
 
 
学生時代にUSのヒップホップにのめり込み、若いうちからライヴ活動を続けていた。
その頃にK-BOMBと知り合い、アオミドロというユニットを結成した。
 
1990年代前半にはK-BOMB、SUIKEN、DJ HAZIMEとともにCHANNEL 5というグループの一員として活動する。
 
その後、SUIKENと共に大所帯ヒップホップグループ、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDに加入する。
1stアルバム「NITRO MICROPHONE UNDERGROUND」はシーンに大きな衝撃を与えた。
 
1999年にはユニバーサルミュージックの傘下のヒップホップ、R&Bレーベルである
Def Jam Japan第1号アーティストとして契約を結んだ。
(現在Def Jam Japanは事実上消滅か?)
 
2001年にリリースしたソロ1stアルバム「PLATINUM TONGUE」は高い評価を受けた。
また同年、当時大ブレイクしていたCHEMISTRYの1stアルバム「The Way We Are」に収録された
「BROTHERHOOD」という楽曲に参加し、DABOのラップが世間に届くことなった。この曲の名義はKAWABATA & DABOである。
(CHEMISTRYのアルバム「The Way We Are」は200万枚の売り上げを突破する大ヒットを記録した。)
 
2010年に発表された楽曲「I REP」ではKREVAとANARCHYと共演し、それぞれスタイルの違う三人が集結した事で大きな話題となった。
 
学生時代には現代文と英語が得意だったらしく、ラップにおけるボキャブラリーが豊富である。
 
8人いるNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの中でも恐らく最も知名度が高い実力派ラッパーである。
 
 
 

スポンサードリンク

シェアボタン

少しでも役に立ちましたら''いいね!''をお願いします!!

楽天市場
スポンサードリンク